アジア・太平洋戦争

日本は、中国の首都南京を陥落させ、国民政府が降伏することを期待した。だが中国民衆は抗日を支持、国民政府は徹底抗戦を決意する。

(上新聞)昭和13年10/27 ...

アジア・太平洋戦争

日本、南京城陥落において「南京大虐殺」を引き起こす。 アメリカをはじめ国際連盟は、日本の中国に対する軍事行動を「侵略」と呼び非難した。また国際連盟は、海軍による ...

アジア・太平洋戦争

近衛内閣は盧溝橋事件の不拡大方針をくつがえし、華北派兵の政府声明を発表する。●日本は、盧溝橋事件をきっかけに日中戦争に突入した。これはまさに日本(軍部)が戦争を ...

アジア・太平洋戦争

日本の国策は、中国大陸における権益確保と南方海洋に進出発展することに決定する●2.26事件後、皇道派あるいはそれに近いと目された将軍たちは現役を追われた。そして ...

アジア・太平洋戦争

陸軍の「統制派」は、事件を起こした「皇道派」を一掃し、日本は陸軍を中心に戦争国家改造に突き進む。 前年まで右翼によるテロ未遂事件や陸軍青年将校による政府転覆計画 ...

アジア・太平洋戦争

昭和9年、日本国内では大冷害が、東北6県を襲う。急増した欠食児童と娘の身売り。 昭和10年8/18、永田鉄山少将(陸軍省軍務局長)が軍務局長室で相沢三郎(歩兵中 ...

アジア・太平洋戦争

日本は大蔵大臣が高橋是清に代わり、財政・金融政策を変え不況を克服していった。 ここでは最初に経済の数字をあげる。日本は大蔵大臣が井上準之助から高橋是清に代わり、 ...

アジア・太平洋戦争

日本は1931年9月、政治・経済・軍事面において、歴史の転換点を迎えた。それは陸軍による満州武力侵攻(満州事変)の開始であり、国内では右翼と軍部による政府転覆計 ...

アジア・太平洋戦争

日本は最悪の不況時代を迎え社会不安が増大するなか、「統帥権干犯」問題で右翼による濱口首相狙撃事件が起きた。ここでは最初に、経済的視点から大きな経済の課題であった ...

アジア・太平洋戦争

1929年(昭和4年)10月アメリカに端を発する世界恐慌の中、日本は金本位制に復帰したが、ついに日本は昭和恐慌をむかえてしまう。 最初に日本貿易の中心的産業であ ...