(歴史)「簡易世界通史・16世紀」

karajisi2

世界の歴史・思想・宗教を知ることで、日本だけの限定的な価値観から脱却できる
簡易世界通史(16世紀)
16世紀日本では織田信長と秀吉により戦国時代が終わっていく。世界では、ポルトガル・スペインの大航海時代となり、日本にまで尖兵でもあったキリスト教の宣教師がやってくるようになった。徳川家康は、スペインの侵略を危惧した意見に対して、「侵略したければ来ればよいではないか」と言ったという。戦国時代の武将にとってはスペインでも脅威は感じなかったのであろう。

下

上矢印

あわせて読みたい

上矢印